試合結果詳細

一覧へ

公式戦

2020/8/9(日) 15:00〜

久御山支部秋季大会決勝戦

チームロゴスラッガーズ
チームロゴ京都Subway
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
チームロゴ スラッガ… 1 0 0 0 0 0 0 1
チームロゴ 京都Su… 1 0 0 1 0 3 5

酒井良介

S

-

HR

井澤 龍太、酒井良介

コメント

久御山支部の決勝戦。秋季大会やったのね。
決勝戦の相手は永田de翔太くん率いるスラッガーズ。同じ宇治支部として負けるわけにはいかない戦い。
初回、春木の立ち上がりを先頭永田de翔くんに捕らえられ出塁を許す。その後先制を許すも後続を断ち最少失点で切り抜ける。
その裏、棚田が四球で出塁し二盗、二死から4番中村がセンター右に運び早々に追いついた。
春木はその後、予定通りの3回まで無安打投球を披露し試合を作った。4回から新加入候補の酒井が登板。直後の打席で左中間に痛烈なライナーを弾き相手センターがバンザイ。記録はホームランとなり勝ち越しに成功した。
6回から木村が登板。制球に苦しみ安打と四球で一死満塁の大ピンチを背負う。ここを二者連続の三振で切り抜け九死に一生を得た。
その裏、先頭の中村が2本目のツーベースでチャンスメイクすると、続く藤沢がライト線へ技ありのタイムリーで待望の追加点。
極め付けはこの日、前回の大チョンボの禊として唯一の外野手ながらベンチを温めていた井澤が代打で登場。左中間を破る当たりはランニングホームランとなり、ダメ押しに成功。打順も含め監督北村の采配がズバリと当たったこの試合。最近の阪神の如く絶好の得点機を逃したスラッガーズに対し、確実にモノにしたサブウェイ。その差がはっきりと勝敗を左右した。
最終回には三村のセルフゲッツー崩しなどもありましたが無事終了。外野手不足のなか慣れないポジションをこなしてくれた皆様、ありがとうございました。

# 選手名
25 高岡建至
6 棚田 悠太
10 彦坂 拓
5 中村 俊揮
0 藤沢 孝介
11 井澤 龍太
24 東村 光記
17 春木 開成
18 木村匠汰
- 酒井良介
2 溝口翔太
9 三村 祐介
# 選手名
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策
25 高岡建至 先発 1 4 3 0 0 0 0 0 0 0 2 1 0 0 0 0 0
6 棚田 悠太 先発 2 4 2 0 0 0 1 1 0 0 0 2 0 0 0 0 0
10 彦坂 拓 先発 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0 0
5 中村 俊揮 先発 4 3 3 2 0 1 1 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
0 藤沢 孝介 先発 5 3 3 1 0 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 1
11 井澤 龍太 代打 6 1 1 1 1 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
24 東村 光記 先発 6 2 1 0 0 0 0 1 0 0 0 1 0 0 0 0 0
17 春木 開成 先発 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
18 木村匠汰 守備 7 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
- 酒井良介 守備 7 1 1 1 1 1 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
2 溝口翔太 先発 8 3 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0
9 三村 祐介 先発 9 3 2 0 0 0 0 0 0 0 1 1 0 0 0 0 0
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

# 選手名
17 春木 開成
- 酒井良介
18 木村匠汰
# 選手名
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順
17 春木 開成 - 30/3 1 1 - - 1 0 3 2 0 0 1
- 酒井良介 20/3 0 0 - - 3 0 0 1 0 0 2
18 木村匠汰 - 20/3 0 0 - - 1 0 2 4 0 0 3
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

このページを共有する

PR