試合結果詳細

一覧へ

公式戦

2020/10/18(日) 10:00〜

支部長旗争奪 兼 新春府下大会宇治予選

チームロゴ京都Subway

勝ち

8-0

宇治川グラウンド

チームロゴRimix
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
チームロゴ京都Subway 0 0 1 0 4 3 8
チームロゴ Rimix 0 0 0 0 0 0 0

S

-

HR

-

コメント

久しぶりの宇治での新たな大会の幕開け。
普段馴染みの無い宇治川グラウンドにてRimixさんとの一戦。こちらは珍しく9人カツカツ、平均年齢もぐんと上がったメンバーでの戦いとなった。対するRimixさんもおじさん率高め。てかほぼおじさん。草野球丸出し。足元おぼつかない率高め。でもすごくいい人たち。

試合はこの日直訴の1番抜擢、彦坂の永遠ファール粘りで幕を開けた。15球くらい?カウントはずっと2-1のまんま。相手投手のやんわりとした攻めにいつも通り手こずりまさかの0行進。課題のフライもまだ目立つ中、試合が動いたのは3回。先頭の監督北村が追い込まれながらも左中間へ弾き返し、これを紙一重のタイミングでセンターとレフトが交錯(記録は2ベース)、続く木村のバントで3進後、彦坂の一塁ゴロ(相手ファースト・ムハンマドさん(仮)のダイビングキャッチ)の間に生還し先制する。
1-0で迎えた5回には一死から芳賀が絶妙なセーフティバントで出塁。続く北村はランエンドヒットで遊ゴロを放つも俊足を見せつけて内野安打をもぎ取る。続く木村のバントもオールセーフとなり、小技でチャンスメイクした後に、彦坂がセンター越えの3塁打を放ち待望の追加点を挙げる。
6回には二死ながら四球で作った3塁2塁のチャンスにこの日2安打の監督北村が、サード線を破る2点タイムリー、木村のスリーベースでダメを押した。

投げては木村が、最終回一死までノーヒットノーランの快投。本人も相当意識していたのだろうが、あとアウト2つというところでムハンマドさん(仮)にセンター前へ弾かれて未遂に終わった。しかしながら8奪三振を奪い1四球と数字上は完璧な内容。まあ相手さんが相手さんやしね。
最後相手にチャンスを作らせるところが木村らしいっちゃらしいし、野球の面白さでもある。

この試合のマンオブザマッチは、ノーヒットノーラン未遂で完封、打っては2安打の木村な訳もなく、先制、中押しと4打点を挙げた彦坂な訳もなく、紛れもなくどうしたって監督の北村。3安打猛打賞で2打点3得点と8番ながら打線を牽引。3人で1安打のクリーンアップとは対象的に調子の良さを見せつけた。還ってきた8割5分男の今後の躍進に注目すべし。

# 選手名
10 彦坂 拓
0 藤沢 孝介
1 大垣 健人
24 東村 光記
- 酒井良介
3 上田 賢樹
8 芳賀 博之
30 北村 速人
18 木村匠汰
# 選手名
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策
10 彦坂 拓 先発 1 4 4 1 0 4 1 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0
0 藤沢 孝介 先発 2 3 3 0 0 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1 大垣 健人 先発 3 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
24 東村 光記 先発 4 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
- 酒井良介 先発 5 3 2 1 0 0 1 1 0 0 1 1 0 0 0 0 0
3 上田 賢樹 先発 6 3 3 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
8 芳賀 博之 先発 7 3 2 1 0 0 2 1 0 0 0 1 0 0 0 0 1
30 北村 速人 先発 8 3 3 3 0 2 3 0 2 0 0 0 0 0 0 0 0
18 木村匠汰 先発 9 3 2 2 0 1 1 0 0 1 0 0 1 0 0 0 0
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

# 選手名
18 木村匠汰
# 選手名
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順
18 木村匠汰 60/3 0 0 2 0 8 1 0 0 1
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

このページを共有する

PR