試合結果詳細

一覧へ

公式戦

2020/10/3(土) 18:00〜

NAMELESS杯2020

チームロゴNAMELESS
チームロゴちぇり〜ず
  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
チームロゴNAMELESS 0 3 0 0 0 0 0 3
チームロゴ ちぇり〜ず 0 0 0 0 2 1 1 4

-

HR

-

コメント

2020シーズン第11試合。
NAMELESS杯2020準決勝。

先発はエース濱地。初回から味方のエラーでランナーを出すが、後続を断ち安定した立ち上がり。
3回には三者連続三振を奪うなど、4回までノーヒットピッチング。
2回の攻撃、先頭の4番後藤、レフトネットを悠々越える、3号ソロホームランで先制。さらに、エラーで出塁した濱地が二盗でチャンスメイク、続く石田がライト前ヒットでチャンスを拡大、さらに続く藤田頼がショートを強襲するヒットで1点を追加。さらにさらに大山の内野安打で満塁とし、押出四球で1点を奪い、この回3得点。
しかしその後は、再三のチャンスを作るも、ここ一本が出ず。
3回には、秋田、後藤の連打から二三塁のチャンスを作り、濱地のセンターフライは相手センターの好返球により本塁刺殺。
5回にも、小椋のヒット、四球、秋田のヒットで満塁のチャンスを作るが、後続が倒れ無得点。
6回は、濱地、大山の2本のヒットが出るが、相手セカンドの好捕により、得点ならず。
5回の守備では、ツーアウトまで簡単に奪うも、エラーで出塁を許し、続く打者に二塁打を浴び、さらにエラーで2点を奪われ、1点差に迫られる。
6回の守備からは、田中がリリーフするが、ソロホームランを浴び、振り出しに戻されてしまう。
何とか得点が欲しい最終回の攻撃、四球と、初の3番に入った秋田の猛打賞となるヒットでチャンスを作り、後藤が捉えた打球は惜しくもレフトの好捕に阻まれ、またしても得点ならず。
点を奪われれば敗戦となる最終回、ワンナウトをとった後、二塁打を浴びたランナーに三盗を決められ、絶体絶命のピンチ。続く打者を空振三振にとるが、ワンバウンドとなり振り逃げ。送球の間に三塁ランナーが生還し、サヨナラ負け。

再三の得点チャンスにヒットが出ず、相手の好守も光り、終わってみれば10残塁。
濱地は5回ツーアウトまでノーヒットピッチング、7奪三振の好投を見せるが、エースを勝利投手にする事が出来ず。ここぞのエラーが失点に繋がり、最後はエラーにならないミスでサヨナラ。決勝戦さよなら。
NAMELESS杯2020は準決勝敗退。
今季通算は11戦9勝2敗となった。

9連勝から塚原君が抜けて2連敗…やっぱり塚原君のせいです。笑

打者成績登録

この試合の打者成績はありません。

投手成績登録

この試合の投手成績はありません。

このページを共有する

PR