選手名鑑

一覧へ

説明
説明

両両

  • PERSONAL DATA

  • 登録名

    説明

    性別

  • 背番号

    投打

    両投 / 両打

  • メインポジション

    スタッフ(選手以外)

    サブポジション

  • プレイヤーの役職

    スタッフの役職

  • 球歴

    -

  • PR

    ※通常の打撃タイトル、投手タイトルについては説明省略。

    □タイトル

    ■MVP 2014年~
    忘年会の投票にて決定。年間を通して最も貢献したとされるプレイヤーが表彰される。サポート役として貢献した場合でも表彰対象。

    ■ゴールデングラブ賞 2013年~
    忘年会の投票にて上位3名を決める(2013年は2名)。単純に失策数等ではなく、1プレー等印象によるものも大きい。規定打席未到達者は、得票数÷2とする。

    ■落合賞 2014年~
    日本プロ野球機構において、投手の最高栄冠である沢村賞に倣い、設立当時素人にも拘らず投手をし、ボコボコにされたことで、落合功とは真逆の良い成績を残した投手に贈られるものとして制定。

    ■特別表彰 2015年~
    チームへの貢献が著しかった者に贈られる賞。

    ■敢闘賞 2016年~
    その年の成長度合、貢献度等、タイトルに繋がらないながらも良い結果を残した者に贈られる賞。

    ■戦場カメラマン賞 2013年~
    素晴らしい写真を撮影した者、良い被写体であった者が贈られる賞。大体受賞者は限られてくる。


    □マイナス対象

    ■ファールフライおじさん賞 2015年~
    通称FFO。
    浅い内野フライやファールフライになった時にカウントされる。
    何故か満塁で回りやすい渡邉が、何も成果に繋がらない打撃を繰り返したことから制定。1位が翌年のおじさんとして祀り上げられることから、打ち上げない意識が強く根付く。

    ■直記賞 2016年~
    文学的な賞ではなく、まず出塁もとても珍しい大上直が、一塁上で注意力散漫になり、「ちょ、ちょっと待って」と腰が引けながら牽制アウトになったことがきっかけで制定。走塁への意識付けのため、ミスがあった場合にカウントされる。積極的なプレーの場合は除く。

    ■子鹿賞 2018年~
    スイングの際に、待ちきれなかったり、諸々の理由で体制が崩れた空振りをしてしまう素人が多いことから、子鹿打法と言われる下半身貧弱な大上直のようにならないように、という想いから制定。
    こちらは打撃結果の可否にかかわらず1スイングごとの判定となる。

このページを共有する

PR