試合結果詳細

一覧へ

公式戦

2021/6/13(日) 7:10〜

グラスリーグ

  1 2 3 4 5 6 7 8 9 R
チームロゴFRK 0 0 0 0 0 0
チームロゴ S・B・X 2 0 1 0 0 3

HR

-

コメント

グラスリーグ5戦目、ここまで3勝1敗と好成績ではあるが、上位を目指す為に落とさない一戦。FRK先攻でプレイボール。
初回先頭亀田がFBで出塁すると、すかさず盗塁を決め、さらに三盗を試みる。相手のモーションを完全に盗んだスタート(ボーク)ではあったが牽制死となり1アウトを献上してしまう。しかし2番船見はライト前、3番永井がFBで続き再度チャンスを作る。ここで4番抜擢の真崎が綺麗に捉えレフト前へ。しかしこの当たりで2塁ランナーは生還できず。。相手レフトの処理も手間取っていたにも関わらず、帰ってこれず。。続く5番佐々木は三飛、6番澤田は一ゴロとなり初回のビッグチャンスを逃す。こうなるとここ最近のFRKの嫌な流れとなってしまう。初回裏、四球、ヒットとチャンスを作られると、相手6番?にライト前へ弾き返され、さらに打球処理のもたつきも絡み2点を先制される。こうなると中々攻撃もリズムが作れず、3回表までチャンスらしいチャンスもなく逆に3回裏にさらに1点を追加され3点を追う展開となる。何とかまず1点を返したいFRKは4回表、1アウトから5番佐々木がFBで出塁すると、続く澤田がライト前へ運び1アウト1、3塁。ここで7番山本は意識的に一ゴロを打つもランナーは生還せず。。続く大野はFBで満塁とするも9番中澤は捕飛となり、再度巡ってきた得点機を逃し続ける。試合はその後展開もなく0-3で敗戦。

バッテリーは苦しみながらも踏ん張り3失点とするも、攻撃が全く機能せず。特に走塁に関しては走者、コーチャー共に次の塁を狙う意識が浸透しておらず、バッターだけがなんとかしようと奮闘しているように思えた。走者もそうだが、コーチャーも場面場面でしっかりと意識を持ちランナーとコミニュケーションを取ることが必要です。
まずは全員が意識をしっかりともち、攻撃面改善してグラスリーグ最終戦へ臨みましょう!そして必ず最終戦に勝ち、2位以内をまずは確保しましょう!!

# 選手名
10 亀田 克哉
15 船見 宏一
24 永井 悟司
17 真崎 智亮
21 佐々木 勇成
11 澤田 竜二
27 山本 真聖
55 大野 銀河
7 中澤 紀安
1 越村 奏人
30 引野 隼一
9 中村 竜馬
# 選手名
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策
10 亀田 克哉 先発 1 3 2 1 0 0 0 2 0 0 0 1 0 0 0 0 0
15 船見 宏一 先発 2 3 3 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
24 永井 悟司 先発 3 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
17 真崎 智亮 先発 4 3 2 1 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
21 佐々木 勇成 先発 5 3 2 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
11 澤田 竜二 先発 6 2 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
27 山本 真聖 先発 7 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
55 大野 銀河 先発 8 DH 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
7 中澤 紀安 先発 9 2 2 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
1 越村 奏人 先発 10 2 1 0 0 0 0 0 0 0 0 1 0 0 0 0 0
30 引野 隼一 - - - 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
9 中村 竜馬 - - - 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0 0
# 選手名 出場 打順 守備 打席 打数 安打 打点 得点 盗塁 二塁打 三塁打 三振 四死球 犠打 犠飛 併殺打 敵失 失策

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

# 選手名
17 真崎 智亮
# 選手名
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順
17 真崎 智亮 40/3 3 2 - 0 0 0 0 0 0 1
# 選手名 勝敗 投球回 失点 自責点 完投 完封 被安打 被本塁打 奪三振 与四死球 ボーク 暴投 登板順

※左右に横スクロールするとさらに細かい情報を見ることができます

このページを共有する

PR